18年7月12日 その3975『逢坂誠二 の徒然日記』(5672)

掲載日:2018.07.12

都内は朝から雨が降っている。

散歩に出たいが、
しばらくは上がる見込みはなさそうだ。


1)クロマグロ

7月からクロマグロの資源確保のため、
漁獲可能量を制限するTAC制度が導入された。

しかし全国各地域、
特に沿岸漁業者の漁獲可能量が少ない上、
その発表が規制開始の直前となったため、
全国から不満の声が上がっている。

8 区管内の戸井、福島、松前などの漁師さんからも、
相当に強い懸念の声が上がっており、
先月も2度に渡って上京し、
水産庁に対し抗議行動を行なっている。

私もこれら行動に同行し、
斎藤農林水産大臣に対しても、
改善の要求をしている。

過日は、函館で実施された
水産庁のヒアリングにもお邪魔した。

そして昨日、
水産庁を訪問し長谷水産庁長官に対し、
クロマグロTACの改善、
特に漁獲可能枠の増加に対して、
強く要望を行なった。

多くの漁師さんは、
資源管理には理解を示している。

しかしそれによって
生活ができなくなる事態は避けねばならない。

この案件は、今後も粘り強く対応する。


さあ今日もぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.7.12==



One Response to 18年7月12日 その3975『逢坂誠二 の徒然日記』(5672)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください