18年7月13日 その3976『逢坂誠二 の徒然日記』(5673)

掲載日:2018.07.13

今日も都内は暑い朝を迎えた。

寝苦しさで目が覚めた。

今日の予想最高気温は33度だ。


1)党利党略の選挙制度

参院の選挙制度改革はあまりにも酷い。

選挙は、民主主義の根幹をなすものだ。

その制度を、与党にとって都合の良いものに
変更しようとしている。

こんな暴挙は許してはならないが、
多数を占める与党が、
数の力でゴリ押ししようとしている。

選挙区間の1票の格差を
是正するとの触れ込みだが、
それは隠れみだ。

比例代表を特定枠として4増する。

これは2016年に「鳥取・島根」
「徳島・高知」で導入された「合区」で
議席を失う自民党議員を救済するのが目的。

共同通信社の世論調査では、
今回の公選法改正案に賛成は19.5%、
反対は59.9%にも達する。

審議を急いで強行採決するような法案ではないが、
今日の衆院委員会も与野党の合意なく、
委員長が職権で開催を決めた。

こんなことをすれば、
日本の民主主義は壊れてしまう。

自民党案は廃案にして、
再度、与野党が合意できる案を検討すべきだ。


さあ今日もぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.7.13==



One Response to 18年7月13日 その3976『逢坂誠二 の徒然日記』(5673)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください