18年7月26日 その3989『逢坂誠二 の徒然日記』(5686)

掲載日:2018.07.26

夜明け前の都内、今日も暑いが、
24度と熱帯夜は避けられたようだ。

日中は、また30度に達する。


1)人口減少対策本部

人口減少対策本部の準備活動を早速スタートさせた。

昨日は、国立社会保障・人口問題研究所の
人口推計についてヒアリング。

さらに内閣府から少子化対策のヒアリング。

総務省から過疎対策資料の
取り寄せなどを行なっている。

====

2015年の渡島桧山管内の人口は 442,668人。

それが2045年には254,519人と、
42.5% も減少する。

減少率は高いほうから、
松前町72.8%、福島町70.1%、
木古内町69.0%と続く。

現在の高齢化率32.9%が、
2045年には46.9%と大幅に増える。

もちろん生産年齢人口も
15歳未満人口も減る。

地域のあり方などあらゆる分野に影響が出る。

これらにどう対処すべきか、
詳細の処方箋を策定できる状況にはないが、
地域としてどうあるべきかを
しっかりと議論する必要がある。

====

人口減少対策本部の設置について、
新聞を読んだ方から期待の声が寄せられた。

本来国をあげて対応すべきことだが、
なぜか政府の腰は重い。


今日は、早朝から都内で会合、
その後、仙台で講演し、新幹線で帰函。

夜には梁川商興会の会合に
出席する予定だ。


さあ今日もぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.7.26==



2 Responses to 18年7月26日 その3989『逢坂誠二 の徒然日記』(5686)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください