18年7月31日 その3994『逢坂誠二 の徒然日記』(5691)

掲載日:2018.07.31

昨日、常任幹事会、政調三役会等の
党務があるため上京した。

都内はあいかわらず暑い。

今朝も既に夜明け前が26度。

日中は34 度との見込みだ。

今日は議員会館で、
複数の来客と面談した後、帰函となる。


1)新たな在留資格

政府が、人手不足を補うため
外国人の就労を認める
新たな在留資格資格の
創設準備を進めている

これまでの方針を変えて、
単純労働にも門戸を広げることになる。

実施は来年4月からとのことだが、
短期間のため法整備、
制度設計が追いつくのどうか
不安視する声も多い。

どの分野について新規参入を認めるかは、
各省庁が業界の要望も聴きつつ、
業種の詳細を詰める。

総理は閣僚会議で
「外国人を社会の一員として受け入れ、
円滑に生活できる環境整備をすることが
重要な課題だ」と述べているが、
家族の帯同は認めない方針。

現在、我が国に250万人ほどの外国人が在留しているが、
新たな在留資格創設で、
国内で暮らす外国人は大幅な増加が見込まれる。

今秋に想定される臨時国会が、
この議論のヤマ場となりそうだ。

それまでに現状の把握をはじめ、
確実な事前準備をしなければならない。


さあ今日もぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.7.31==



One Response to 18年7月31日 その3994『逢坂誠二 の徒然日記』(5691)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください