18年8月1日 その3995『逢坂誠二の徒然日記』(5692)

掲載日:2018.08.01

8月だ。

8 月に入ると夏も終わり。

子どもの頃、そんな感覚があった。

現実に8月に入ると
空の色、風などに明らかに
変化が現れる。

秋の雰囲気が漂うのだ。

とは思いつつも、
今朝の函館の気温は21度。

日中は30度になる見込みだ。

こんな状態の中で、
夏も終わりと思っているのは
私だけかもしれない。

我々の仕事の一つは先を読むことだ。

季節だけではなく
社会の先をどう判断するか。

これがとても大切なことだが、
先を読み難い時代になっている。


さあ今日もぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.8.1==



One Response to 18年8月1日 その3995『逢坂誠二の徒然日記』(5692)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください