18年8月2日 その3996『逢坂誠二の徒然日記』(5693)

掲載日:2018.08.02

函館の夜明けは4時30分頃。

朝の気温は19度。

強い太陽の光が降り注いでいるが、
過ごし易い雰囲気の朝を迎えた。

田舎で育ったことや、
屋外での仕事が多かったこともあり、
子どものころから
天候に対する関心が高いほうだったと思う。

気象庁が昨日、
7月の天候のまとめを発表した。

月平均気温は
1946年の統計開始以来、
東日本で過去最高。

東日本の7月の平均気温は
平年よりも2.8度も高かった。

特に23日は全国の観測地点の
約4分の1で最高気温が
35度以上の猛暑日となった。

西日本も2位タイの高温。

7月上旬には西日本豪雨も発生した。

48時間降水量は、
124地点で観測史上の最多降水量を更新。

気象庁は7月の天候について
「異常気象だった」と指摘する。

こうした異常気象の中で、
私たちの生活、様々な活動も
従前とは違った
制約が多いものとなっている。

人口減少対策も必須だが、
この異常気象にどう備えるか、
これも重要な課題となっている。

今日は、朝から倫理法人会に出席だ。


さあ今日もぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.8.2==



One Response to 18年8月2日 その3996『逢坂誠二の徒然日記』(5693)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください