18年8月14日 その4008『逢坂誠二 の徒然日記』(5705)

掲載日:2018.08.14

ニセコの菩提寺を参り、
今日は帰函する。

昨日は久々に岩内町の
木田金次郎美術館を訪問し、
ゆっくりと木田さんの作品を
見ることができた。

木田さんの作品は、
荒々しく自由奔放な筆使いが特徴だ。

まるでニール・ヤングの
ギターのようだとも感ずる。

東京で絵の勉強をしたいという木田さんに
有島が出した手紙が凄い。

====

東京に出るよりももう暫くはその地に居られて勉強をなさったら如何ですか。君の絵のように既に立派な特色を備えた絵は余計な感化を受けないで純粋に発達させた方が遥かに利益だと思います。東京に来た處が知識上に多少得る處がある許りで腕の上には何等の所得がないと思います。その地に居られてその地の自然と人とを忠実に熱しにお眺めなさる方がいいに決まって居ます。

====

なんとも意味深い。

この手紙によって木田さんは、
地元で絵を描く決心をしたのだと思う。

昨日は、雨の岩内で
貴重な時間を過ごすことができた。

さあ今日もぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.8.14==



2 Responses to 18年8月14日 その4008『逢坂誠二 の徒然日記』(5705)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください