18年8月22日 その4016『逢坂誠二 の徒然日記』(5713)

掲載日:2018.08.22

昨日、約二週間ぶりに上京し、
党の会合などに出席し、 最終便で帰函した。

今朝の函館は雨だ。


1)これで良いのか

国の役所が障害者の法定雇用率を
水増ししていた問題に関し、
昨日、各省からヒアリングを行った。

これに関し、現在、昨年度の調査結果について、
全省庁に対し、厚労省が再調査を行なっている。

ところが何をきっかけに、
なぜ再調査を行ったのかは、
精査中のため、現在は言えないという。

既に再調査を行っているにも関わらずだ。

調査開始の時期も言えないという。

厚生労働省以外の 各省庁は、
ハンで押したように全て同じ説明。

「現在、厚労省と精査中」として、
水増しの有無を答えない。

酷い話だ。

民間企業が法定雇用率を守らなければ、
一人当たり5 万円の納付金が必要となる。

こうした厳しい制度にも関わらず、
国の不正について、
国はダンマリを決め込む。

こんなことで良いのか。

====

今回のことも含め、
政府の発表する数値の信憑性が
完全に信じられないものになっている。

今回の件は、
政府が障害者をどう位置付けているか、
それが問われる問題だ。

日本の政府には
障害者に対する差別意識が
あるのではないかと思われる。

今回の水増し問題は、
障害当事者参画のもとで実態把握をすべきだし、
この機会にどうすれば障害者の
雇用が進むのかをガッチリと検証すべきだ。

さあ今日もぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.8.22==



One Response to 18年8月22日 その4016『逢坂誠二 の徒然日記』(5713)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください