18年8月24日 その4018『逢坂誠二 の徒然日記』(5715)

掲載日:2018.08.24

函館は雲が多めの朝を迎えた。

本州各地で台風による、
強い雨が降っている。

函館も夕方から雨になる見込みだが、
明日には止むとの予報になっている。


1)ゆかりの作家

昨日は、街宣などを終え、
朗読会への出席、さらに演劇鑑賞と
贅沢な時間を過ごすことができた。

====

午後に函館私立中央図書館で行われたのは、
八雲町ゆかりの芥川賞作家 鶴田知也さんの
『コシャマイン記』の朗読会。

朗読会に先立って、
鶴田さんのお孫さんと、
鶴田さんと縁のある方の
座談会も行われた。

北海道150年の節目と言われるが、
『コシャマイン記』にふれると
全く別の歴史が見えてくる。

昨日は、函館朗読奉仕会などの主催だった。

函館朗読奉仕絵は、
野間読書推進賞を受賞している。

受賞理由は以下。
「読書で自己充実するだけではなく、読書を通じた社会貢献として障がい者・子どもなどに総括的に奉仕し、さらに広く市民に対し読書の楽しみと喜びを伝えてきました。対面朗読、読み聞かせ、函館盲学校児童への奉仕が活動の中心です。」

朗読会で、
普段は共有することのできない
貴重な時間を過ごすことができた。

主催者、参加者の皆さんに感謝だ。

====

夜は、演劇『向日葵のかっちゃん』を鑑賞した。

西川司さんの自伝的な小説を舞台化したものだ。

====

主人公のかっちゃんは、
発達障害のレッテルを貼られ特殊学級に通う。

「はんかくさい」と
揶揄されていたかっちゃんが、
森田先生と出会ったのが小学校5年。

先生から
「身体で覚える」「あきらめない」「考える」、
この三つを学び、これを着実に実践する。

そして、かっちゃんが一変する。

かっちゃんを信じた
たっ一人の先生の存在が
かっちゃんの育つ力を開花させた。

====

大雑把にこんな内容だ。

西川司さんは、
私の高校の一つ上の先輩だ。

そんな縁もあり興味深く舞台を見た。

あきらめずにやること、 人を信じること。

その先の希望が、
西川先輩の実践からビシビシと伝わる。

大きな勇気を頂いた時間となった。

====

函館でこの演劇を行うことには、
役者やスタッフの確保など、
大きな困難があったものと思うが、
感動の場を提供下さった皆さんに感謝だ。


というわけで、
昨日は二つの贅沢な時間を
過ごすことができた。


さあ今日もぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.8.24==



One Response to 18年8月24日 その4018『逢坂誠二 の徒然日記』(5715)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください