18年8月25日 その4019『逢坂誠二 の徒然日記』(5716)

掲載日:2018.08.25

昨夕から函館市内は、
台風に伴う強い雨となった。

各地で台風被害が発生している。

毎月、毎月、各地で自然災害が発生する。

かつて、こんなことはなかったと思うが、
とにかく酷い状態だ。

====

今朝、函館の雨は上がった。

今日と明日、大規模なGLAYの
屋外コンサートが開催されるため、
全国からファンの皆さんが来函している。

コンサート開始は今夕だ。

なんとか雨が振らないよう
持ちこたえてもらいたい。


1)大沼学園

昨日、大沼学園を訪問した。

国会閉会中の今、
普段訪問できない場所を
なるべく多く歩きたいと思う。

北海道のホームページには次に記載がある。

====

大沼学園は
児童福祉法第44条に基づいて
設置されている児童自立支援施設です。

当園は不良行為をなし、
又はなすおそれのある児童や、
家庭環境その他の環境上の理由により
生活指導等を要する児童を入所させ、
個々の児童の状況に応じ必要な指導を行い、
その自立を支援することを目的とした
児童福祉施設です。      

当園は男子のみを対象とし、
児童は自然に恵まれた環境のなかで、
夫婦である寮担当職員とその家族と
生活を共にしながら、家庭的な雰囲気の中で、
基本的生活習慣 などを学びます。

児童には生活指導、教科指導、
作業指導などをとおして、
一人一人 の成長・発達を促し、
社会適応能力を高め、
社会的自立に向け支援します。

復学、進学、就職など
児童の希望進路に配慮した
指導を行っていますが、
特に義務教育終了後の就職希望児童には、
職場体験実習など社会的資源を活用するなど、
社会的自立支援に努めています。

==以上、引用終了==

現在、大沼学園では、20名弱の子どもたちが、
学校本館を取り巻くように設置された寮で
生活しながら通学している。

給食施設の老朽化対策、寮の環境改善など、
さまざまな経費が必要になっているが、
予算の制約上、なかなか進まない。

ここには記載し難い、あまたの課題もある。

厳しい環境の中だが、
職員の皆さんの努力はもとより、
多くの支援者の皆さんに支えられながら、
学校が運営されている。

学園の現実は、机上では見えてこない。

予算も予算書や決算書からは見えてこない。

やはり足を運ぶことだ。

現場の状態が少しでもプラスになるよう、
再度、足を運びたいと思う。

====

明日から横浜で開催される
第69回全日本少年野球の全国大会に
大沼学園が出場する。

大活躍を期待している。

さあ今日もぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.8.25==



2 Responses to 18年8月25日 その4019『逢坂誠二 の徒然日記』(5716)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください