18年9月1日 その4026『逢坂誠二の徒然日記』(5723)

掲載日:2018.09.01

9月だ。

一昨日、鼻と喉の調子が悪く、
仕事を中断せざるを得なかったが、
その遅れを取り戻すため、
今日は早朝から机仕事をしている。

函館の朝、雲が少ない。

東の地平線が徐々に明るくなり、
日の出を眺めつつ
キーボードをうっている。

気分は爽快だ。


1 )補正予算は??

今週も、全国各地で豪雨被害が発生した。

そして今日もまだ強い雨が降り、
被害の広がりが懸念されている。

6 月下旬から7月上旬にかけての
「平成30年7 月豪雨」は、
200名をこえる方々が命を落とし、
平成の豪雨災害史上最悪のものとなった。

しかし今になっても、予算委員会で
補正議論が始まる気配がない。

災害の規模などを考えると
補正対応は当然のことと思うが、
なぜ補正を拒むのか。

安倍総理は、
予算委員会を開催したくないために
補正予算の編成を
先送りするというのだろうか。

自己保身のために
災害対策を先送りするというならば、
国民にとってこれほどの不幸はない。

議院証言法違反に関しても、
いくら問い合わせをしても
与党の予算筆頭理事からは
何の連絡もない。

総理の対応も酷いし、
与党の不誠実な対応には
強い憤りを超越した
憎しみすら感じてしまう。


さあ今日もぶれずに曲げずに
確実に前進します。
==2018.9.1==



One Response to 18年9月1日 その4026『逢坂誠二の徒然日記』(5723)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください