18年9月2日 その4027『逢坂誠二の徒然日記』(5724)

掲載日:2018.09.02

9月30日の沖縄県知事選に出馬する
玉城デニーさんの事務所開きが
一昨日、開かれた。

デニーさんは翁長前知事の

「これ以上沖縄の未来に禍根を残さない、
子や孫たちに負の遺産を残さない、
これ以上沖縄に平和や自然を壊す
米軍基地はいらない」

という遺志を引き継ぐ決意を述べ、
県が行った承認撤回を
支持する考えを明確にした。

私とデニーさんとの出逢いは、
何年前になるだろうか。

もう20年にもなるだろか、
記憶は定かではないが、
沖縄訪問のたびにお会いさせて頂いた。

2009年には、国会議員になられ、
一緒に活動を開始することになった。

曲がったことを嫌う、
筋の通ってた政治家だ。

知事選挙での確実な勝利を期待している。


1)沖縄県連

立憲民主党は、
8月29 日に沖縄県連を設立した。

その際に枝野代表が、
沖縄の基地問題に関する考え方を明確にした。

==以下、枝野代表発言抜粋==

沖縄の分断と対立を生む新たな基地の建設を
これ以上強行し続けることは、
あまりにも無理がある。

米国政府との間で、
辺野古基地を建設しない解決策に向けた
再交渉を行なうとともに、
結論を得るまで工事を止めるべき。

故翁長知事の意思を強く受け止め、
辺野古基地建設工事は無期限に止めるとともに、
米国と辺野古基地を建設しない
解決策に向けた再交渉をすることを求める。

日米地位協定は、より強くアメリカに対して、
その改定を求めていくという立場を
しっかりと貫く。

遠からず自ら政府を統制する中で
アメリカとの交渉を進め、
必ずや普天間基地を返還、
そして辺野古に基地をつくらない、
同時に日米安全保障体制はしっかりと堅持する。

それまでの間、辺野古基地の建設は
止めるべきであることを強く求める。

==引用、終了==

沖縄の基地問題に関する考え方を明確しつつ、
玉城デニーさんの勝利に向けて、
しっかりと対応したい。


さあ今日もぶれずに曲げずに
確実に前進します。
==2018.9.2==



2 Responses to 18年9月2日 その4027『逢坂誠二の徒然日記』(5724)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください