18年9月5日 その4030『逢坂誠二の徒然日記』(5727)

掲載日:2018.09.05

台風21号が全国各地で
猛威を振るっている。

走行中の車両が横転したり、
関空が水に浸かるなど、
テレビ画像から
各地の状況が伝えられる。

今日以降、
被害の全貌が明らかになるが、
甚大な被害になることが予想される。

強い雨と風はまだ続いている。

台風が通過してもまだ警戒が必要だ。

====

昨日、経産省の公文書管理について、
野党合同ヒアリングを実施した。

3月に開催の会議で配布した
公文書管理に関する資料や
会議開催に関する決裁は取らず、
担当課長の一存で行なっているという。

3月の会議の議事録や
会議の状況の記録などの存否も明らかにせず、
その提出の諾否も曖昧なままだ。

公文書管理の指導的立場である
内閣府は経産省に対し、
強い指導力を発揮しているとは言い難い。

何が重要なものであるか
何が政策に決定に影響を与えたのか、
こうした判断も全て経産省が行うという。

公文書管理が恣意的に
行われていると指摘せざるを得ない。

霞ヶ関の公文書管理は、
どん底状態であり、
抜本的な改善が必要な状況だ。

このヒアリングは、
今後も継続する予定だ。

====

今日は朝の便で帰函。

地元を歩き回る。

さあ今日もぶれずに曲げずに
確実に前進します。
==2018.9.5==



2 Responses to 18年9月5日 その4030『逢坂誠二の徒然日記』(5727)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください