18年9月15日 その4040『逢坂誠二 の徒然日記』(5737)

掲載日:2018.09.15

函館は、スッキリと雲のない朝を迎えた。

気温は15度。

ひんやりとした寒さを感ずる。


1)地域回り

昨日も福原賢孝前道議会議員とともに
桧山北部地域を歩き回った。

お邪魔したいところが、
たくさんあるが時間の制約もあり、
昨日だけでは回り切れない状態だ。

またこうした地域回りをしていると、
思いがけない出会いが多い。

昨日も、福祉施設に入所している、
私の友人のお母さんに
バッタリお会いした。

「逢坂さんですよね」
「私、@@の母です」

こんな出会いがあり、ホントに驚いた。

今は、地域の秋祭りの時期だ。

急遽、お祭りに招かれて、
色々な懇談をすることもできた。

現場主義と丁寧な意見交換。

極めて重要なことだ。


2)審議拒否

ロシアのプーチン大統領が
前提条件なしの平和条約の年内締結を
安倍総理に提案したが、
これに関し衆院予算委閉会中審査を開くよう
与党筆頭に申し入れた。

ところが自民党の森山国対委員長は、
「外交問題は慎重な対応が必要だ」などを理由として、
応じられないとの考えを示している。

国対委員長の発言は、
結局のところ審議拒否だ。

安倍総理は総裁選の議論も
避けているように見えるが。
国政上の重要課題についても
審議を避けまくっている。

与党筆頭からは何も連絡もなく、
全く不誠実だ。


今日は、朝から夜まで、
秋晴れの函館市内で活動する予定だ。

さあ今日も ぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.9.15==



One Response to 18年9月15日 その4040『逢坂誠二 の徒然日記』(5737)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください