18年9月21日 その4046『逢坂誠二 の徒然日記』(5743)

掲載日:2018.09.21

民放連が、
憲法改正の賛否などを呼びかけるCMについて、
放送時間の長さなどの
量的な規制はしないことを決めた。

資金力のある勢力のCMが
大量に流れる可能性があるが、
民放連はその理由を次のように語っている。


国民投票運動は原則自由であり、
規制は必要最小限とするのが法の原則


仮に、扇情的な広告放送が行われたとしても、
基本的に言論の自由市場で淘汰すべきもの



国民投票法が投票日14日前からの
CMを禁止しており、
すでに量的な配慮が行われている


政党などによる表現の自由を
放送局の自主規制で制約するのは
避ける必要がある


放送局が個別のCM内容を分類し、
量的な公平をはかることは実務上困難


民放連が量的な自主規制をすることに、
合理的な理由は見いだしがたい

====

民放連は上記のようなことを理由としているが、
大阪都構想の住民投票では、
相当に激しいCM合戦となったと承知している。

民放連の考え方が一応示されたが、
国会としてこの問題をはじめ、
国民投票のあり方について、
再度、丁寧な議論が必要だ。


さあ今日も
ぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.9.21==



One Response to 18年9月21日 その4046『逢坂誠二 の徒然日記』(5743)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください