6月13日 その1782『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2012.06.13



昨日の都内は予報通り、
終日、雨がちの天候だった。

引き続き今日も雲が多い朝を迎えた。

しかし、雨は降らず、日中は多少、
日差しがのぞくとの予報だ。

予想最高気温は24度だ。



1)オイスカ議連
昨日、民主党オイスカ議員連盟が設立され、
私も副会長に就任した。

オイスカ・インターナショナル
(The Organization for Industrial,
 Spiritual and Cultural Advancement-International)は、
「すべての人々がさまざまな違いを乗り越えて共存し、
地球上のあらゆる生命の基盤を守り育てようとする世界」
を目指して1961年に設立された。

本部を日本に置き、
現在30の国と地域に組織を持つ国際NGOだ。

公益財団法人オイスカ(以下、オイスカ)は、
1969年にオイスカ・インターナショナルの基本理念を
具体的な活動によって推進する機関として生まれ、
主にアジア・太平洋地域で
農村開発や環境保全活動を展開している。

特に、人材育成に力を入れ、
各国の青年が地域のリーダーとなれるよう
研修を行っている。

オイスカの研修を修了した各国の青年は、
それぞれの国で農村開発に取り組んでいる。

国内では、
農林業体験やセミナー開催などを通しての啓発活動や、
植林および森林整備による環境保全活動を展開している。

====

オイスカの理念は次の通りだ。

「それぞれの生命は密接に繋がっており、
 それらの源は宇宙であることを認識し、
 すべての人々が、
 国籍、民族、言語、宗教、文化の違いを乗り越えて共存し、
 地球上のあらゆる生命の基盤を守り、
 育てようとする世界を理想とする」

====

昨日は、多くの皆さんに参加頂いて、
議連の設立となった。

私も、微力ではあるが、
理念にそってしっかりと活動したい。



2)新しい自治の仕組み
昨日、国民新党と共同し、
指定都市とこれに隣接する
同一道府県内の市町村を廃止して
特別区を設置するための手続きの特例を定める
「大都市地域における地方公共団体の設置等に関する特例法案」を
衆院に提出した。

地域主権戦略大綱(2010年6月22日閣議決定)で

「国のかたちについては、
国と地方が対等なパートナーシップの関係にあることを踏まえ、
国が一方的に決めて地方に押し付けるのではなく、
地域の自主的判断を尊重しながら、
国と地方が協働してつくっていく」

とする方針を打ち出したことを踏まえ、
地方からの新たな大都市制度の提案に応えるため
私が座長を務める大都市制度等WTで、
関係自治体や有識者等からの
ヒアリングを重ねて立案したものだ。



関係市町村の総人口200万人以上の指定都市等が
特別区設置協議会を設置して
特別区設置に関する基本計画を作成


基本計画作成にあたり総務大臣に報告し、
総務大臣は意見を述べる


国による立法等の措置が必要な事項を
基本計画に記載しようとする場合は
総務大臣の同意が必要


地方議会の承認


住民投票


総務大臣に対する申請・


総務大臣の処分・告示

などの特例手続き規定を定めるとともに、

指定都市・特別区やこれらを包括する都道府県が行う、
新たな大都市制度についての
意見の申し出に関する手続も定めた内容としている。

====

野党もこの件に関し、
法案を提出している。

私たちは、相当丁寧に議論し、
今回の法案提出となった。

我々の案は、国の関与がある等、
一見、手続きが多いように感じられる。

しかし、その真意は、
自治体の発意を受け止め、
その思いをどうすれば
素早く実現できるかに腐心した結果だ。

こうした点を
野党の皆さんにもキチンと説明し、
早期の法案成立を願っている。



今日も早朝からの会合がセットされている。

さあ今日もしっかりと前進します。
=============
   2012・6・13 Seiji Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 6月13日 その1782『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください