18年10月10日 その4065『逢坂誠二 の徒然日記』(5762)

掲載日:2018.10.10

今日も臨時国会準備のため
都内滞在となる。

さらに昨日に引き続き、
早朝から朝食意見交換会に出席だ。


1)予備費

安倍政権はこれほど災害が多発しているにも関わらず、
早急に補正予算を編成しようとはしない。

熊本地震の際には、
発災後33日目に総額7,780億円の補正成立。
亡くなった方が260名余。

西日本豪雨の発災は6月28日で、
亡くなった方は220名余。

その後も胆振東部地震などが発生している。

この間、補正予算を編成せず、
予備費で対応しているが、額も少ない。

予備費対応状況は以下。

7月13 日:20億円
8月3 日:1,058億円
9月7 日:616億円
9月10 日:5億円
9月28 日:153億円

合計:1,852億円

とにかく議論を避けたい安倍内閣の基本姿勢が、
災害対策の面でも顕著だ。


さあ今日も ぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.10.10==



2 Responses to 18年10月10日 その4065『逢坂誠二 の徒然日記』(5762)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください