18年10月12日 その4067『逢坂誠二 の徒然日記』(5764)

掲載日:2018.10.12

昨日、午後に帰函するはずだったが、
予定の飛行機が満席のため、
結局、最終便に搭乗となった。

そのため予定の会合には間に合わず、
一つは代理出席、一つは遅れての出席。

飛行機が満席で仕事に支障が出るのは痛いことだが、
函館に多くの皆さんがおこし頂けるのは嬉しいことだ。


1)株価

昨日、米国株価の大幅安を受け、
日経平均株価が急落した。

下げ幅は一時1000円を超えて
2万2500円を割り込んだ。

外国為替市場では円が急伸し、
一時、1ドル=111円台。

米長期金利の上昇、米中貿易摩擦、
これらが景気を冷やすとの警戒感が
急速に広がったとの見方が多く、
世界同時株安の様相。

今日の東証の動きが注目される。


2)公文書管理の抜本改革

現在検討中の
公文書管理抜本改革の手順は、
二段階を想定している。

第1段階:
公文書の定義、記録管理庁創設、
専門家の養成、その他規制など、
この4点の詳細検討を
法律で政府に義務付ける。

第2段階:
その検討結果を踏まえ、
政府が公文書管理抜本改革の法案を
国会に提出。

====

現在、第1段階の法案骨子素案を
ツイッターに公開しているが、
複数の皆さんから貴重な御意見を頂き感謝している。

ハッシュタグは、#公文書管理


3)日本のあり方を

昨日、ここ十数年に渡り
お世話になっている財務省OBの方と
1 時時間以上に渡って様々な話をさせて頂いた。

そのやり取りの中から、
色々なことを考えている。

====

日本は、経済発展を軸にして戦後復興を遂げた。

しかしプラザ合意前後から、
日本がどのような国であるべきなのか、
日本の立ち位置が明確になっていないことが、
この30年以上に渡る日本混迷の理由だと私は考えている。

こうした中、日本は完全な少子高齢社会に突入した。

人の一生に例えるならば、
中年期を過ぎ高年期に差し掛かったところか。

あるいは季節なら夏の暑い盛りが過ぎ、
晩秋になる頃だろうか。

いずれにしても、
人口増加、高度経済成長とは、
違った局面に入っていることは事実だ。

それにも関わらず、
高度経済成長時のようなイメージを
国の目指す方向とするのは相当に難しいことだろう。

ならばどんな国をめざすのか。

今だけ、自分だけ、金だけを
目的とする社会のあり方から
もっと別の価値観を基本にした
社会になるべき。

このあり方について、
さらに考えを進化させたい。


今日は笹田浩道議とともに
渡島管内を歩く予定だ。

さあ今日も ぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.10.12==



2 Responses to 18年10月12日 その4067『逢坂誠二 の徒然日記』(5764)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください