18年10月16日 その4071『逢坂誠二 の徒然日記』(5768)

掲載日:2018.10.16

函館は雲の少ない朝を迎えた。

天頂付近は青空が広がるが、
地平線付近は靄がかかった雰囲気だ。

昨日は、札幌で党の用務があり、
それに対応して夕方には帰函した。

夜は、市内で一つの会合に出席後、
来年の統一地方選の準備などを行なっている。

今日午前は、24日に召集される臨時国会の
準備会合が国会内で、急遽、開かれるため、
朝一番の便で上京となる。

次期国会で
私がどのような役割を果たすことになるか、
まだ明らかになっていないが、
地元案件、国家レベルの案件など
とにかく精一杯、力を尽くさねばならない。


1)臨時国会冒頭

臨時国会では、補正予算、
外国人在留資格の拡大などが、論点になるが、
その前にも色々と議論、
確認しなければならないことが多い。

内閣改造後の初国会のため、
各大臣の資質をしっかりと問う必要がある。


片山大臣の借入金問題


柴山大臣の教育勅語発言


工藤彰三 国土交通政務官の
政治資金収支報告書への未記載問題


柴山大臣のバスツアー問題

====

またこの間、原子力政策、
北海道のブラックアウトも含めたエネルギー政策。

大学入試における英語の取り扱い。

TAGとFTAの違い。

スルガ銀行問題など、
対応すべき案件は多い。


さあ今日も ぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.10.16==



2 Responses to 18年10月16日 その4071『逢坂誠二 の徒然日記』(5768)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください