18年10月17日 その4072『逢坂誠二 の徒然日記』(5769)

掲載日:2018.10.17

24日からの臨時国会に向けた会合のため、
昨日、朝一番の便で上京した。

午後になって、
仙谷由人さんが亡くなったという、
信じられないニュースが飛び込んできた。


亡くなったのは、
10月11日午後10時30分。

死因は肺がんだったという。

先の通常国会の最中も、
仙谷事務所の秘書さんを通して、
複数の案件についての問い合わせがあった。

だから当然、
元気でバリバリ仕事をされている
と信じ切っていた。

そんな中での訃報だ。

信じられない。

仙谷さんには、言葉を選ばずに言えば、
良くも悪くも色々なことを教えて頂いた。

随分と面倒も見てもらった。

しかし仙谷さんが発する独特の危うさに対し、
私なりの危機管理もあって、
少し距離を置いた場面もあったと思う。

そんな私を、仙谷さんは変な奴だ
と思っていたかもしれない。

圧巻は2009年の夏の政権交代前の
通常国会の予算委員会だった。

仙谷さんは、当時の麻生総理に対し、
怯むことなく執拗に質問を繰り返した。

その結果、麻生総理から
幾つもの問題答弁を引き出した。

あの姿は今でも忘れらない。

「逢坂さん、信念を持って質問を繰り返せば
相手は絶対にボロを出す。」

委員会の合間のトイレで、
こんなことを私に言った。

鬼気迫る迫力で
仙谷さんは質問に臨んでいた。

私自身の質問が変化したのも、
あの日を境にしてだと思う。

多くは語れないが、仙谷さんには、
本当に多くのことを教えて頂いた。

仙谷さんなら今の私に対し、
何を言うだろうか。

もっと話を聞きたかった。

合掌。


さあ今日も ぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.10.17==



One Response to 18年10月17日 その4072『逢坂誠二 の徒然日記』(5769)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください