18年10月18日 その4073『逢坂誠二 の徒然日記』(5770)

掲載日:2018.10.18

文藝春秋の最新号の特集は、
「安倍政権最大の失政「亡国の移民政策」」だ。

政府は、24日から始まる臨時国会に、
国内の労働力不足を補うため、
外国人への在留資格を
拡大するための法案を国会に提出する。

その施行は来年4月だという。

さまざまな工夫によって、
労働力を補い、国の活力を高めることは
必要なことだ。

しかし今回の在留資格の拡大は、
あまりに性急だ。

日本の国民の認識も、準備も十分ではない。

足ものと労働力不足を補うためだけに、
大量の外国人が入国することになれば、
将来に大きな禍根を残すことになる。

十分な準備、対応策が必須だ。

多くの皆さんに、
文藝春秋の特集を
読んでもらいたいと思う。


さあ今日も ぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.10.18==



3 Responses to 18年10月18日 その4073『逢坂誠二 の徒然日記』(5770)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください