18年10月22日 その4077『逢坂誠二 の徒然日記』(5774)

掲載日:2018.10.22

函館の朝の気温は7度。

室内は17 度。

暖房のスイッチを
入れたくなる室温だ。

空に雲は少なく、
今日も秋晴れの一日になりそうだ。


1)憲法を理解していない

安倍総理が、
9月の自衛隊幹部会合、
さらに今月14日の観閲式で
9条改憲を事実上宣言したと報じられている。

これは改憲の内容云々以上に
相当な大問題だ。

この発言は、憲法99条の
憲法を尊重擁護する義務に反する発言だ。

憲法を改正したい、しくない等々、
憲法に関し様々な思いや考えを持つことは
個々人の自由であり、このことは制限できない。

しかし安倍さんは総理大臣だ。

総理の立場としては、
現行憲法を尊重し擁護しつつ、
政治的中立性を保ちながら
慎重に職務を執行する必要がある。

特に実力組織である自衛隊の最高指揮官としては、
憲法に対しての中立性が厳格に求められる。

その総理が自衛隊に対して、
このような発言をすることは、
総理自身が現行憲法を尊重する気も
擁護する考えも全くないことの表れだろう。

現行憲法の枠を踏み外した私的な思いで
自衛隊を指揮をすることになる。

言ってみれば自衛隊の私物化に近い。

これは論外のことだ。

====

なぜ安倍総理は、
このようなことを
平気でするのだろうか。

それは憲法というものも立憲主義も
理解していないからだろう。

憲法も立憲主義も理解しない総理のもとで、
憲法改正の議論をするのは極めて危ういことであり、
絶対にその口車に乗ってはならない。

今、必要なことは何か。

私も含めて多くの国民が憲法とは何かを、
不断に議論することによって、
憲法というものや
立憲主義への理解を深めること。

その中で、国際情勢や国内情勢など、
社会や国民のあり様の変化に思いを致しつつ、
真に改正が必要な項目が
あるとするならば十分な議論を経て、
改正すべきかを検討すべきだ。

憲法は何百年も磨り減ることのない
不磨の大典ではない。

必要があれば改正すべきものだと 私は思うが、
真に改正の必要もないのに、
改正することだけが
目的になることは意味のないことだ。

真の主権国家となるために、
他国からの呪縛を如何に取り払うか、
これが今の日本が真に考えるべきことだ。

しかし真の主権国家になることを、
憲法改正論議にすり替えてはならない。


2)やれやれ

昨夜、「池上彰の現代史を歩く」
という番組の終盤だけを見るともなしにみた。

池上さんは、
ニュースを分かりやすく解説する、
親しみのある人気者だ。

番組の終盤で、
世界に対しひるむことなくものを言う
フランスの姿が報じられた。

なぜフランスは、
こんなにはっきりと物を言えるのか。

その理由は、
アメリカ、ロシアに継ぐ、
世界第3位の軍事力だからだという。

核兵器も持っている。

ながら仕事をしながら番組の終盤を見ただけなので、
これがこの番組の結論とは決めつけるつもりはないが、
こんなことを池上さんが言うとは驚きだった。

フランスの軍事力に池上さんが言及した後、
番組のアシスタント風の女性が、
じゃ日本もといった雰囲気で呼応したのには、
実に嫌な思いがした。

ニュースを分かりやすく解説することが、
深謀遠慮を欠いた安直なものになってはならない。


今日は枝野代表が来函し、
午後と明日午前は奥尻を回る。

明日午後には函館市内を歩き、
夕方には立憲トークの開催だ。




さあ今日も ぶれずに曲げずに、

確実に前進します。
==2018.10.22==

まぐまぐの送信登録・解除は以下。
http://ohsaka.jp/ma  gazin.html



2 Responses to 18年10月22日 その4077『逢坂誠二 の徒然日記』(5774)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください