18年10月26日 その4081『逢坂誠二 の徒然日記』(5778)

掲載日:2018.10.26

臨時国会がスタートし、
一気に睡眠時間が短くなる。

やるべきことが多く、
これは仕方のないことだが、
開会三日目で
早くもメリハリが必要な状態だ。


1)OBの皆さん

昨日、森友事件の真相解明を求める
財務省OBの皆さんから、
怒りの思いを聞かせて頂いた。

==以下、やり取りのメモの一部==

今回の森友事件は、どうしても許せない。

亡くなった方の無念さを思うと、
OBも何とかしなければならない
という気持ち。

文書は非常に大切。
これは公務員のモラル、文化。
やり取りは全て残す。
メールなど電子媒体だって残すのが原則。

佐川さんが文書を廃棄したと言ったが、
それは見事に嘘だった。
後に千ページの文書が出たのだから。

昭恵写真時の文書だけがないということはない。

文書とは、価格、やり取りなどを残すのが伝統。

価格鑑定時にピンボケ写真を使うはずがない。
鑑定官が現地に赴いてチェックする。
外部の精通者に委ねる制度はあるが、
それの報告を受けた後は、
その内容を実証的に検証し
価格の適切さを検討する。
実際の深さを検証することなく
価格を決めることはない。

国交省に聞くとすれば旧建設省。
航空局ではない。
逆に航空局では価格検証できないから
財務局に依頼して価格を算定するのが筋。

議員や有力OBの陳情は
当然日常的に気にされる。

国会議員などによる特殊事案は
陳情事案整理簿にやり取りを記載されるはず。

==以上、メモ終了===

昨日は、他の用務と重なったため、
冒頭だけの参加となったが、
問題解決のため知っていることは、
何でも話すと力強く語るOBの皆さんから
強い憤りと無念を痛感した。

森友事件も加計事件も
このまま放置してはならない。


2)公文書管理

昨日、内閣府の公文書管理委員会は、
行政機関が作成する公文書は
基本的に電子的に管理するという方向性を示した。

これは極めて危うい。

電子化が公文書管理を適切にするものではない。

電子であれ、紙であれ、
公的機関の諸活動をどう記録するのかという点について、
深い検討がないままに、電子化だけを奨励すれば、
公文書管理は今以上にブラックボックス化する恐れがある。

電子化という誘いに惑わされてはならない。


今日も早朝からやるべきことが多い。

1日24 時間をもっと有効に使わねばならない。

さあ今日も ぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.10.26==



2 Responses to 18年10月26日 その4081『逢坂誠二 の徒然日記』(5778)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください