18年11月4日 その4090『逢坂誠二 の徒然日記』(5787)

掲載日:2018.11.04

函館の気温は8度。

雲のないスッキリとした朝を迎えた。

昨日は、朝に帰函後、
函館、北斗を歩き回った。



1)街宣

昨日、昼前から1時間ほど、街宣を行った。

多くの方からご声援を頂くと同時に、
介護保険や健康保険に関する
ご意見を頂いた。

====

介護保険の不正受給があるのではないか。

さほどの病気ではないのに病院で診察を受け、
保険財政を圧迫している。

こうしたことを回避する方策を取るべき。

病気や介護状態にならない方向に力を入れるべき。

保険給付を受けなかった方に、
保険料の還元をすべき。

====

このような意見だった。

街頭は、私が話すだけではなく、
多く方からご意見を伺う場にもなっている。



2)改憲

昨日、下村博文元文科大臣が、
北斗市で改憲に関する講演を行ったという。

参加者から話を伺ったが、
下村氏の話は、改憲が目的であり、
改憲のための改憲と受け止めたという。

真に必要のある改憲とは
感じられないとの感想を持ったとのこと。

====

憲法はすり減ることのない不磨の大典ではない。

必要があり、国民が賛同すれば
改憲するのは当然。

しかし改憲だけが目的の改憲は、
意味のない改憲になってしまう。

改憲の是非はともかくとして、
憲法とは何かを十分に
勉強しなければならない。


今日も地元歩き回って、
夜には都内入りの予定だ。

さあ今日も ぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.11.4==



3 Responses to 18年11月4日 その4090『逢坂誠二 の徒然日記』(5787)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください