18年11月9日 その4095『逢坂誠二 の徒然日記』(5792)

掲載日:2018.11.09

昨日も朝から、夜遅くまで、
議員会館、国会、そして外での会合と、
フル回転の1日だった。


1)何も決まっていない

考えれば考えるほど、聞けば聞くほど、
今回の入管法改正は酷い。

何にも決まっていない。

とにかく外国人労働者の在留を認める。

ただそれだけ。

あとはどうなるかは、分かりません。

少なくと昨日までの政府の話の限りでは、
今回の法改正はそのようなもののようだ。

なぜなら
入国できる職種も、人数も、
永住させるかさせないかも、
何も決まっていないのだから。

決まっていることはただ一つ、
新たな在留資格を創設することだけ。

与党もこんな法案で、
本当に良いと思っているならば、
目先の利益に目を奪われて、
国家の存在を危うくすることに
加担しているとしか思われない。


今日は、地元から
国会見学ツアーの皆さんが上京される。

国会の雰囲気が少しでも伝わればと思う。

さあ今日も ぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.11.9==



One Response to 18年11月9日 その4095『逢坂誠二 の徒然日記』(5792)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください