18年11月16日 その4102『逢坂誠二 の徒然日記』(5799)

掲載日:2018.11.16

今朝の都内、朝の気温は7度。

都内も晩秋、冬に向かっている。

昨夜、観望の好機を迎えた
上弦の月を観た。

天体望遠鏡で観ると、
クレーターなどがくっきり
観えるのだろうと思いつつ、
ほんの一瞬の安らぎを頂いた。

そんな月とは裏腹に
この国は独裁国家化している。

本日の法務委員会が、
強行的にセットされた。

強行的なセットも許しがたいが、
内容もひどい。

今日の委員会の予定は以下だ。

1)給与法質疑
2 )その採決

通常の委員会審議は、
ここで一区切り。

しかし今日は、
以下も強行的に実施するという。

3 )一般質疑

4)入管法提案理由の説明
5)質疑

採決の強行はこれまでもあったことだが、
1日でこれだけのことをこなすのは、
私の記憶にはない前代未聞のことだ。

これほど詰め込んで審議をすれば、
準備もできないし、
有識者や当事者の意見を聞くこともできない。

日本は、自民党独裁国家の様相を呈している。


さあ今日も ぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.11.16==



2 Responses to 18年11月16日 その4102『逢坂誠二 の徒然日記』(5799)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください