18年11月22日 その4108『逢坂誠二 の徒然日記』(5805)

掲載日:2018.11.22

昨日は、内閣委員会、
法務委員会で質疑をした。

入管法の質疑では、
来年の4月から
新しい在留資格を設けるというのに、
何も決まっていない、
何も準備ができていない状態が
次々と明らかになっている。

人手不足対応が必要なことも
技能実習制度が
全て悪い制度ではないことも理解している。

しかしだからといって、
現下の問題、
あるいは将来予測される課題に
無策で在留資格を拡大すれば、
将来に大きな禍根を残す。

こうした問題に
キチンと対応することが必須なのだが、
政府はこれらのことには、
現時点ではほとんど回答がない。

これでは法案賛否の議論すら難しい。

委員会開催には定例日がある。

衆院法務委員会は、
火曜日、水曜日、金曜日だ。

連日の審議では、
議事録の精査もできないし、
議員は複数の委員会に所属していることもある。

今日は法務委員会の開催日ではない。

しかし葉梨委員長は、
今日も強行的に委員会を開催するという。

法案の審議が始まったばかりなのに、
今日の午後は参考人質疑も行うという。

参考人質疑は意義深いことだが、
政府の考えも定まらない中で実施しても
その効果は半減だ。

一昨日の本会議で指摘したとおり、
短期間に審議時間を積み重ねるだけでは、
外国人労働者問題への理解は深まらないどころか、
逆に国民の分断を招くことになってしまう。

安倍総理が日本の将来を考えているとは思われない。


さあ今日も ぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.11.22==



3 Responses to 18年11月22日 その4108『逢坂誠二 の徒然日記』(5805)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください