18年11月23日 その4109『逢坂誠二 の徒然日記』(5806)

掲載日:2018.11.23

今日は勤労感謝の日。

昨日も早朝から夜まで、
隙間のない日程となった。

特に26日の予算委員会に向け、
各種会議の合間に
準備や質問通告を行なったりと、
てんてこ舞いの1日となった。


1)滅茶苦茶

入管法の審議は
滅茶苦茶な状態になっている。

昨日も法務委員会定例日でもないのに、
強行的に委員会を開催。

定例日外に委員会を強行に出席すれば、
それが前例になってしまう。

次に定例日以外に委員会を強行すれば、
前回は出席しただろう
と指摘するのは目に見えている。

定例日以外の委員会開催では
野党が出席できないことを
知っての強行開催だ。

そして来週月曜日夕刻、
衆参の予算委員会終了後にも
法務委員会の強行的開催が決められた。

====

過日、特定技能者の受け入れ見込み数に、
単純労働が含まれていないと法務省は説明した。

そこで単純労働とは何かを尋ねたが、
昨日、夕刻の段階でも、答えられないという。

答えられないものについて、
含まれていないと発言するのは詭弁だろう。

出席できないことを知りながらの強行開催、
用語の定義も説明しない法務省、
政府には真面目に審議する姿勢は皆無と思われる。


2)参考人

入管法改正案の審議が始まったばかりだが、
昨日、参考人質疑が強行された。


外国人材という表現に、
労働力を商品として捉える姿勢


特定技能1号は家族帯同を認めないが、
人道上極めて問題


受け入れを停止できる仕組みは
雇用の調整弁を容認するもの


新制度での受け入れは直接雇用に限るべき


受け入れ見込み数は業界の言いなりで、
コントロールが利いていない


日本人雇用が奪われることになる


議論が拙速。法案成立を急ぐ必要はない


法案は不十分だが、成立させて手直しすべき

====

法案成立を望む参考人からも、
法案の不備を指摘する声があり、
辻褄の合わない意見陳述と感じた。

議事録を整理して読み返す間もない中で、
官邸の意向にそって国会審議が進む。

立法府の自殺行為だ。


さあ今日も ぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.11.23==



3 Responses to 18年11月23日 その4109『逢坂誠二 の徒然日記』(5806)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください