18年12月5日 その4121『逢坂誠二 の徒然日記』(5818)

掲載日:2018.12.05

激しい風邪の症状が何とか緩和したが、
本調子にはもう少し時間がかかる雰囲気。

しかしインフルエンザではないと判明し、
昨日から早速フル回転している。

====

幾人かの与党議員の皆さんと話をする。

異口同音に、入管改正法案は
何も決まっていないという。

しかも党内合意が難しいとも。

つまり生煮えの法案を
取り合えず国会に提出し、
新しい在留資格の創設と
施行日だけを決める。

あと三ヶ月、
国会外で内容を詰めるというのか。

全くの白紙委任だ。

====

昨日の参院法務委員会も酷かった。

出席議員が不足、
つまり定足数を満たさず、
一時、審議が停止した。

今の国会情勢は、
圧倒的に与党が多い。

与党がキチンと出席しなければ、
定足数は満たせない。

こんな中での定足数不足だ。

与党は白紙委任を容認するだけではなく
限られた国会審議も
蔑ろにしようとするのだろうか。

困ったことだ。



さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.12.5==



4 Responses to 18年12月5日 その4121『逢坂誠二 の徒然日記』(5818)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください