18年12月19日 その4135『逢坂誠二 の徒然日記』(5832)

掲載日:2018.12.19

色々と書きたいことが多い。

安倍政権のもとで
日本のあり方が大きく変化する。

この変化の方向、内容を
多くの方が認識しないままにだ。

昨日、新しい防衛大綱と
中期防衛力整備計画が閣議決定された。

短距離離陸・垂直着陸型ステルス戦闘機F35Bを導入。

海上自衛隊の「いずも型」護衛艦を「空母化」する。

宇宙やサイバー空間など「新領域」での防衛力強化。

5年間の防衛費総額は、
現行の中期防(2014~18年度)よりも
2兆8000億円多い、
過去最大の27兆4700億円。

宇宙、サイバー、電磁波の新領域は極めて重要なことだが、
戦闘機を搭載した空母が日本に本当に必要なのか。

この議論は全くない。

今年の予算委員会では、
いずもの空母化は明言していない。

しかし着実にその準備をしていたことになる。

なぜ国民に言えないのか。

陰でこっそり準備をして、
既成事実化して国のあり方を変える。

何とも姑息なやり口というほかはない。


さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.12.19==



2 Responses to 18年12月19日 その4135『逢坂誠二 の徒然日記』(5832)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください