18年12月22日 その4138『逢坂誠二 の徒然日記』(5835)

掲載日:2018.12.22

今日は冬至。

ベトナム、リトアニア、トルコ、
そしてイギリスへの原発輸出が
軒並み頓挫している。

大きな理由は経済性だ。

事業費が想定よりも上回り
資金調達ができない。

すなわち経済的に
成り立たない事業だということ。

それでも安倍総理は
原発輸出にこだわるのだろうか。

理解に苦しむ。

====

国内の原発も本当に採算に
見合っているのだろうか。

先日、原発推進をとなえる識者に会った。

日本の原発は
過去に安い価格で建設しているから、
採算が合うという。

ということは、
現在の原発に求められる
高い安全基準を満たしていない
という側面もあるのではないか。

政府は明らかにしないが
核燃料サイクルによる発電は採算割れだろう。

====

昨日、来年度予算案が閣議決定された。

この中に、
新型炉の技術開発費を
民間の原子炉メーカーなどに補助する事業費として
6億5千万円が計上された。

福島第1原発事故以降、
政府が新型炉の開発に向けた費用を
予算化するのは初めてだ。

輸出に新型炉の開発。

福島第1原発事故などが
なかったかのような政府の対応に呆れるばかりだ。

====

今日はタウンミーティングのため
岡山を訪問する予定だ。


さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.12.22==



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください