18年12月31日 その4147『逢坂誠二 の徒然日記』(5844)

掲載日:2018.12.31

今年も今日で最後。

精一杯、力を尽くした一年だった。

高プロをはじめとする裁量労働問題。

クロマグロの漁獲制限。

外国人労働者問題。

原発ゼロ法案。

公文書記録管理庁設置推進法案。

こうした案件に加えて、
数多くの地元案件にも対応した。

9月には予想だにしない胆振東部地震が発生。

予定していた訪米を取りやめて、
その対応に当たった。

臨時国会も全力で国会、
そして党務に対応した。

今年の春先から
北海道知事選への出馬を要請された。

断っても、断っても
繰り返し要請が行われる。

今日も要請に来るというが大晦日だ。

理解に苦しむ対応だ。

====

多くの方に支えられて
今年も過ごすことができた。

来年がどんな年になるのか分からないが、
全力で頑張りたいと思う。
さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.12.31==



5 Responses to 18年12月31日 その4147『逢坂誠二 の徒然日記』(5844)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください