19年1月3日 その4150『逢坂誠二の徒然日記』(5847)

掲載日:2019.01.03

新年三日目。

こんな指の折り方をするのも今日が最後。

時間の流れは早く、
正月の雰囲気は駆け足で薄れて行く。

今朝の函館の気温は氷点下 7度。

曇りの朝だ。

昨日は終日函館市内を歩き回ったが、
寒さや悪天候もあり、
1日で回れる件数は少ない。


1)日本の主権

日本は真の主権国家ではない。

領空も、出入国も、 電波も、
警察権も、そして防衛も
米国の制限のもとにある。

私はこうした制限された日本の主権を
全て日本国が行使できる、
そんな状態に取り戻したいと思っている。

その意味で私は、
右翼的と分類されても良いはずだが、
多くの人は左翼的と受け止めているはずだ。

逆に、安倍総理を右翼的
と感じている人も多いと思う。

だが領空のことも、出入国も、
米国に対して何も言わず、
現状を維持し、米国に隷属する総理は、
私以上に右的な存在とは思われない。

ネット上で、
私のことを売国的と指摘する方がいるが、
私以上にそれに近いのは総理なのだと思う。

日本の主権が制限されているこの現実を
何とかしたいと私は強く願っているし、
そのために最大限の働きをしたいと思う。

もちろんこれは簡単なことではないし、
米国に隷属する状態から脱脚するには
長い年限がかかるが、
覚悟を持って取り組むべき問題だと考えている。

ロシアのプーチン大統領は、
日本が真の独立国ではないことを
喝破している。

====

昨年12月20日、
プーチン大統領の年末恒例の記者会見で、
ロシアが北方領土を日本に返した場合に
米軍基地が置かれる可能性について、
「日本の決定権に疑問がある」と述べている。

安倍総理は北方領土に米軍基地を置かないことを
匂わせているのかもしれないが、
プーチン大統領は米軍基地問題について

「日本が決められるのか、
日本がこの問題でどの程度主権を持っているのか分からない」

と指摘した。

日本の決定権を疑う例として
沖縄の米軍基地問題を挙げ、

「知事が基地拡大に反対しているが、何もできない。
人々が撤去を求めているのに、基地は強化される。
みなが反対しているのに計画が進んでいる」とも指摘。

====

プーチン大統領の指摘は極めて重く、
日本の現実を鋭くついている。

日本が真の主権国家になるために、
乗り越えるべき課題は山積している。


さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==2019.1.3==



3 Responses to 19年1月3日 その4150『逢坂誠二の徒然日記』(5847)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください