19年1月10日 その4157『逢坂誠二 の徒然日記』(5854)

掲載日:2019.01.10

函館は、薄っすらと雪が積もる朝を迎えた。

国の統計の不備がまた露呈した。

賃金や労働時間の動向を把握する
「毎月勤労統計調査」で、
全数調査を行うべきものを、
対象事業所の全部が
調べられていないことを認識しながら、
正しい手法で実施したかのように
装っていたことが明らかになった。

ミスを知っていたにも関わらず、
全数調べたように見せかける偽装が
長年行われていた可能性が強いという。

これによって支払うべき失業給付金が
少なくなっていた可能性もあるという。

統計は国家の基本だ。

ここに欺瞞があれば、
国家の設計、重要政策の判断を誤ってしまう。

公文書の改ざんなども含め、
日本の基盤が揺らいでいる。


さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==2019.1.10==



One Response to 19年1月10日 その4157『逢坂誠二 の徒然日記』(5854)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください