19年1月22日 その4169『逢坂誠二 の徒然日記』(5866)

掲載日:2019.01.22

通常国会に備え、
今日は国会でいくつかの会合が入った。

そのため昨夜の地元予定を変更し、
最終便で上京した。

一方今夜は、地元予定があり、
国会用務終了後、即、帰函の予定だ。


1)国会対応

23日の法務委員会の閉会中審査から、
通常国会が事実上始まることになる。

28日の召集日には政府4演説。

30日から2月1日(金)まで
3日間の衆参での代表質問。

ここまでは、
与野党ともに異論のない
お決まりの日程だろう。

問題は2月4日(月)からの補正予算審議だ。

ここから何日で補正を議論するのかなど
与野党の激しい日程協議が始まる。

また与野党の質疑時間配分も大きな争点だ。

特に今年は、例年に比較すれば、
予算の審議入りが、ほぼ一週間遅い。

年度内に予算を通過させたいなら、
審議時間が短くなってしまう。

この中で、審議を十分に行うためには、
与党がどう野党に配慮するかが鍵だろう。

====

補正予算、本予算の議論は当然だが、
論戦のテーマになりそうなことは多い。


昨年の大島談話


毎月勤労統計の不正


消費税(実施判断、軽減方式など)


日露(北方領土、経済活動など)


大臣の資質(片山、桜田など)


外国人労働者問題


オリンピック


ふるさと納税


障害者雇用


産業革新投資機構


医学部入試


日産問題


森友・加計


防衛大綱、中期防衛計画(F35、イージス・アショア、馬毛島)


沖縄基地


日米、日中、日韓、日朝

====

列挙するとキリがないが、
これらにどう対処するか、
的を絞ることが重要になろう。

国会運営をどうするか、
頭のなかはそちらに焦点が移っている。

「梟やあす注目の委員会」


さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==2019.1.22==



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください