19年1月24日 その4171『逢坂誠二 の徒然日記』(5868)

掲載日:2019.01.24

今月もあと一週間となった。


1 )準備不足

昨日は法務委員会で質問に立った。

総合的対応策によって、
自治体が何をすべきなのか、
自治体の財政負担総額がどの程度なのか、
これに対する法務省の認識は薄い。

外国人労働者に対する、
様々な対応は自治体が行うことが多くなる。

しかし自治体との話し合いや調整が
丁寧に行われた形跡はない。

また受け入れ機関が、
受け入れ機関の責めに帰すべき理由で、
技能実習生や外国人労働者が失踪した場合は、
受け入れ機関となることができない旨の省令が、
設けられるという。

この責めに帰すべき事由については、
昨日の答弁で、「賃金を払わない」
「相談に応じない」という二つの事例が
やっと示された。

どんな条件で受け入れ機関になれるのか、
その判断基準の一つが今になって、
何度も伺ってやっとの答弁が現実だ。

自治体への対応を含め、
新在留資格への準備不足は明確だ。


今日は、函館市内で用務があり、
朝の便で帰函する。


「餅つきや遠くなりけり初地蔵」

さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==2019.1.24==



2 Responses to 19年1月24日 その4171『逢坂誠二 の徒然日記』(5868)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください