19年2月2日 その4180『逢坂誠二の徒然日記』(5877)

掲載日:2019.02.02

安倍政権は、不正を隠すだけではなく、
不正解明の鍵を握る人物を隠し始めた。

昨日の閣議、
厚労省で統計を担当する
局長級の大西康之政策統括官を
官房付とする人事を決めた。

事実上の更迭だという。

賃金構造基本統計で
不適切調査が
明らかになったことを受けたもの。

根本厚労大臣は
「引き続き職務を担わせるのは適当ではない」と説明。

大西政策統括官は、
統計不正問題の鍵を握る人物だが、
この更迭により政府参考人として
国会に来ることはできず、
通常の参考人として招致するしかない。

国会招致のハードルが上がった。

これは新手の証拠隠蔽だ。

「寒月や腕組み目閉じ朝会議」

さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==2019.2.2==



3 Responses to 19年2月2日 その4180『逢坂誠二の徒然日記』(5877)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください