19年2月22日 その4200『逢坂誠二 の徒然日記』(5897)

掲載日:2019.02.22

昨夜、胆振地方を震源とする、
震度6 弱の地震が発生した。

一報を聞いてヒヤッとしたが、
今朝までに大きな被害がないとの情報だが、
日の出とともに徐々に実態が
さらに明らかになるだろう。

被害の少ないことを念じている。

====

連日、同じことを書いているが、
昨日も予算委員会三昧の1日だった。

午前10時15 分からの答弁に櫻田大臣が遅刻し、
その後の審議が大きく変更になった。

結局、委員会の終了は19時30分頃。

その後、理事会があったが、
与党理事の一人は、理事会も遅刻した。

結局、終了は20時過ぎ。

国会は、答弁する大臣の遅刻には、極めて厳しい。

以前は、大臣の遅刻によって、
その日の審議そのものが
取り止めになったこともあった。

遅刻も酷い話だが、
昨日の幾人かの大臣や省庁の答弁は
全くなっていない。

事前に通告した内容にも答えられず、
答弁が立ち往生する場面がしばしばだった。

また質問者の簡単な質問内容が理解できず、
頓珍漢な噛み合わない答弁が幾度も繰り返された。

安倍政権の閣僚の緩みは目を覆うべき状態だ。

さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==2019.2.22==



3 Responses to 19年2月22日 その4200『逢坂誠二 の徒然日記』(5897)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください