19年2月28日 その4206『逢坂誠二 の徒然日記』(5903)

掲載日:2019.02.28

昨日は、予算委員会分科会が
夜8時過ぎまで行われた。

その後、予算委員会理事会を開催。

議題がないにもかかわらず、
夜遅くまで理事を足止めしての実施。

なぜ与党がこんなことをしたのか
理由が全く分からない。

単なる嫌がらせなのか。

====

昨日、毎月勤労統計不正に関する
特別監察委員会の追加報告書が公表された。

極めて厚労省に甘い内容と言わざるを得ない。

厚労省の担当課職員が不正調査を
意図的に隠したとまでは認められないと断定。

意図がないので「隠蔽」でもない
ということらしいが理解できない。

不正に気づいてからも、隠していたわけで、
それは意図的に隠していたことにならないのか。

不正に関し
「課という組織としての独自の判断または怠慢」
と指摘しているが、
それで組織的なものではないという。

課でやったことを認めつつ、
組織的ではないというのは理解できない。

自分たちの都合のいいように解釈する
「自己都合報告書」「お笑い第三者報告書」だ。

今日も朝から夜まで、
予算委員会が行われる。


さあ今日もブレずに曲げずに
確実に前進します。
==2019.2.28==



2 Responses to 19年2月28日 その4206『逢坂誠二 の徒然日記』(5903)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください