19年3月5日 その4211『逢坂誠二の徒然日記』(5908)

掲載日:2019.03.05

昨日は、3月4日で、サッシの日、
ミシンの日だった。

今日は、3月5 日で、サンゴの日だ。

総理は移設したと答弁するが、
現実には辺野古の大半のサンゴが
土砂の下だという。

総理はどうしてあのような
不誠実な答弁をするのだろうか。


1 )国会頭弁の可視化

安倍総理をはじめ、
安倍内閣閣僚の国会答弁は、
質問に的確に答えず、
単に時間だけを浪費する酷いものだ。

衆院の場合、
質疑者に与えられた質疑時間の中に、
答弁者の発言時間も含まれる。

だから20分の質疑時間のうち、
答弁者がダラダラと
15分も質問以外のことを話せば、
質問できる時間は5分しか無くなる。

今回の予算委員会でも、
総理、茂木大臣、根本大臣などが、
質問されたこと以外に
随分と勝手な発言をした。

こうした理不尽で
姑息なやり口を突き崩すため、
今、注目されるのは二つの取り組みだ。

一つは、国会「ご飯論法」名付けの親である、
上西法政大学教授による
国会パブリックビューイング。

そしてもう一つは、
犬飼淳さんによる「信号無視話法」。

=====

国会パブリックビューイングは、
現実の国会の審議の様子を
街角で上映することで、
「国民の代表機関」の実態を
多くの人たちに向け可視化し、
透明性を高めることを目的としている。

虚偽答弁やごまかし、
論点ずらしや言い逃れ等の、
不誠実で民主的議論の精神にもとる行為への
抑止効果を発揮していくことを
目指しているとのことだ。

こうした取り組みを行うことで、
国会の現実が少しでも
多くの皆さんに伝われば良いと感ずる。

====

一方、「信号無視話法」は、
安倍総理らの国会答弁を
青、黄、赤色などに分類、判定するものだ。

質問内容に答えていれば「青信号」、
質問と無関係な答えや論点すり替えは「赤信号」、
「赤」でも止まらず話し続けた場合は
「信号無視話法」と見なす。

2月23日、安倍総理と我が党の本多平直議員の
「自衛官の息子が父親に「お父さんは違憲なの」
と尋ねて涙ぐんだとのエピソード」
を巡るやりとりがあった。

この約2分半の総理答弁のうち
「青」は19%、
「赤」は65%。
残り16%は不要な言葉や
似た言葉の繰り返しの「灰色」だったという。

2月4日には、
「赤」が70%を占めた
総理答弁もあったという。

このように分析すると、
総理頭弁の酷さが理解しやすくなる。

犬飼さんのブログは
「犬飼淳 note 答弁視覚化」
で検索できる。

====

国会答弁が異常な状況になっていることを
多くの皆さんに知ってもらいたいと思う。


「春の夜や一酔千日我も飲まれ」

さあ今日もブレずに曲げずに
確実に前進します。
==2019.3.5==



2 Responses to 19年3月5日 その4211『逢坂誠二の徒然日記』(5908)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください