19年3月24日 その4230『逢坂誠二 の徒然日記』(5927)

掲載日:2019.03.24

函館の朝、
昨日とは打って変わり、
一面の銀世界だ。

しかも軽い吹雪模様。

気温は氷点下2度。

日中も零度程度とのこと。

桜咲く東京とは
大違いの天候だがまだ3月。

それを思うと当然だ。


1 )原発は安いのに

昨日、朝日新聞の
一面トップ記事を見て驚いた。

経産省が、原発で発電する電力会社への
補助制度の創設を検討しているというのだ。

政府は一貫して原発は安いと言ってきたが、
その安い原発になぜ補助する必要があるのか、
意味が分からない。

====

温室効果ガス対策を名目に、
原発電気を買う電力小売事業者に
費用を負担させる仕組みを想定。

結局は、消費者や企業が
そのコストを払うことになる。

経産省は、
原発は温室効果ガスを排出しない
「ゼロエミッション電源」だから、
環境への貢献で付加価値をもたらしている、
との理屈だという。

本気なのだろうか。

福島第一原発事故以降、
安全対策費用が高騰し、
原発電気の価格競争力が低下している。

これを何とかしたい、
原発を特別扱いし、
国民負担を増加させてでも
原発を維持したい、
政府の本音だろう。

二酸化炭素を抑制するならば、
原発ではなく再エネで実現したい。

これが多くの国民の思いだろう。

先行き見通しのない原発を
何がなんでも残したいという政府のやり口は
冷静さを欠いた無謀なものだ。

こんな補助制度を作るくらいなら、
再エネ導入にもっと力を入れるべきだ。

====

「誰参る裏山の墓春吹雪」


さあ今日もブレずに曲げずに
確実に前進します。
==2019.3.24==



2 Responses to 19年3月24日 その4230『逢坂誠二 の徒然日記』(5927)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください