19年3月26日 その4232『逢坂誠二 の徒然日記』(5929)

掲載日:2019.03.26

昨日、新幹線羊蹄トンネル工事の
安全祈願祭のため
ニセコ地域を訪問した。

祈願祭後の来賓挨拶では、
北海道新幹線決定の経過などについて
話をさせて頂いた。

東日本大震災の被害の甚大さから、
北海道新幹線着工は
無理とみられていたこと。

一方、あれほどの被害の中で、
東北新幹線が早めに復旧し、
新幹線が災害に強いことが証明された。

北海道新幹線にとって
ピンチと思われたあの時期に、
強い国土づくりのために
新幹線の必要性を訴え、
政府や与党、さらにJR北海道とも
慎重にやり取りをしながら
着工の決定をしたこと。

着工決定直後は、
工期が長すぎるとの批判があったが、
予め鍬入れ後にそれを
短縮する手はずであったこと。

こんな話をさせて頂いた。

====

一昨日、
函館は一面の銀世界になったが、
昨日は、その雪も消え
夏靴でも何の問題もない。

一方、ニセコでは、
畑には50センチ以上の積雪がある上、
ちょっと脇道に入ると路面にも雪が残り、
夏靴では厳しい状態だ。

そんな雰囲気をふまえつつ

「夏靴で残雪を踏む不安さよ」

====

今日も早朝から夜まで
日程が切れ目なく詰まっている。

さあ今日もブレずに曲げずに
確実に前進します。
==2019.3.26==



One Response to 19年3月26日 その4232『逢坂誠二 の徒然日記』(5929)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください