19年4月14日 その4251『逢坂誠二 の徒然日記』(5948)

掲載日:2019.04.14

昨日朝、帰函し、長万部、
森、七飯、木古内、北斗を回った。

やはり地元回りは、
色々な話を伺うことができ、
本当に有り難い。

今日から、
函館市議会議員選挙がスタートする。

今日と明日、仲間の市議の当選に向け、
私も選挙カーに同乗し、
市内を走り回る予定だ。

1)日本人の勝算

デービッド・アトキンソンさんの
『日本人の勝算』を読み始めた。

人口減少を所与の条件として、
パラダイムシフトを訴えている。

安倍政権の政策も
彼にはは的外れに見えるのだろう。

==主な目次は以下==
第1章 人口減少を直視せよ――今という「最後のチャンス」を逃すな
第2章 資本主義をアップデートせよ――「高付加価値・高所得経済」への転換
第3章 海外市場を目指せ――日本は「輸出できるもの」の宝庫だ
第4章 企業規模を拡大せよ――「日本人の底力」は大企業でこそ生きる
第5章 最低賃金を引き上げよ――「正当な評価」は人を動かす
第6章 生産性を高めよ――日本は「賃上げショック」で生まれ変わる
第7章 人材育成トレーニングを「強制」せよ――「大人の学び」は制度で増やせる
====
もうすぐ読了するが、
良い本に出会えた。



さあ今日もブレずに曲げずに
確実に前進します。
==2019.4.14==



3 Responses to 19年4月14日 その4251『逢坂誠二 の徒然日記』(5948)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください