19年4月18日 その4255『逢坂誠二 の徒然日記』(5952)

掲載日:2019.04.18

統一地方選挙の後半戦も終盤に入っている。
一方で、参院選挙に向けた政策作りも佳境だ。

1)審議拒否
衆参の規則によれば、
予算委の三分の一以上の議員から要求があれば、
委員長は予算委員会を開催しなければならない。

先日、参院がこの規定を使って、 予算委の開催要求をした。

ところが委員長は予算委を開催しないとという。

その理由は、
委員長が予算委の開催を決めても
与党自民党が委員会出席をしない方針であり、
委員会開催の定足数の二分の一を満たさないからだという。

これは酷い論理だ。

委員会事案の票決は二分の一だが、
委員会開催は三分の一。

この違いは何か。

議論は少数派にも配慮する意味だ。

ところが委員会を開催し、
議論することすら数の力で封じている。

こんなことをすれば、
議会議論の意味を失ってしまう。

改めて、政府与党の審議拒否の現実を
多くの方に知ってもらいたいと思う。

さあ今日もブレずに曲げずに
確実に前進します。
==2019.4.18==



3 Responses to 19年4月18日 その4255『逢坂誠二 の徒然日記』(5952)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください