19年4月27日 その4264『逢坂誠二の徒然日記』(5961)

掲載日:2019.04.27

函館の朝の気温は3度!!

寒い。

桜が開花したにもかかわらず、この寒さは何だ。


1)タブレット
一昨日、衆院内閣委員会で、IT担当大臣が、
タブレット端末を使って答弁に立った。

一部のマスコミは、
憲政史上初のタブレット使用と報道し、
自民党議員も
「景色が変わる。時代が変わったと思う」
と持ち上げた。

昨年11月、私は衆院本会議で、
タブレット利用による、
法務委員長解任決議の趣旨説明を申し出た。

ところがそれは認められなかった。

なぜ認めないのか、その理由は判然としていない。

ところが今回、IT担当大臣の答弁でOKとなった。

それはなぜか、これまた理由が判然としていない。

国会改革をIT担当大臣が
リードしているかのような
雰囲気も醸している。

IT担当大臣だから利用を認め、
私が単なる法務委員会だから利用を認めないというなら、
意味が分からない。

憲政史上初という看板が欲しかったのか、
野党議員に初利用をさせたくなかったのか。

タブレットの使用ぐらいは、
もっと粛々淡々と認めるべきなのだと思う。

さあ今日もブレずに曲げずに、確実に前進します。
==2019.4.27==



One Response to 19年4月27日 その4264『逢坂誠二の徒然日記』(5961)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください