19年5月4日 その4271『逢坂誠二の徒然日記』(5968)

掲載日:2019.05.04

函館は青空の広がる朝を迎えた。

五稜郭公園を埋め尽くした
桜の花は既に散り始め、
葉桜になっている。

最近、キャッシュレスのことに何度か言及した。

私がキャッシュレスを
推進するために書いているわけではない。

安倍総理は秋の消費増税を
実施するのかどうか姿勢が曖昧だ。

実施となれば、キャッシュレス利用者に恩典が与えられる。

しかしその具体は、あまりに複雑で、
国民には極めて分かり難いし、
不都合も多々あるようだ。

さらにキャッシュレスだが、
この間、あえて積極的に、
各種サービスを利用した。

それはこの仕組みを、
机上の理屈ではなく、
より理解するためだ。

確かに便利な側面も多々あるだろう。

キャッシュレスサービスを使うか使わないか、
それは個々人の判断で
決めるべきことで自由なことだ。

しかし消費増税に関連して、
この制度を通して国民に恩典を与えるのは、
やはり課題山積だ。

一番の問題は、
支払いを受ける側も、
支払いする側も、
みんなが等しく同一の条件にならないことだ。

使える店も使えない店もある。

使える店と表示があっても、
対応の不備で実際に使えないことが多い。

私の感覚ではタクシーはその割合が高い。

個人商店などで、
これらサービスを導入する意向のないところも多い。

私のように数多くのサービスを
利用できるようにする消費者も少ないだろう。

来年秋まで、ポイント還元が続くことで、
大型店など資本力のあるところに
購買がシフトする可能性がある。

支払いを受ける側も、
多くのサービスを導入するとは限らない。

私のように、
国内で使えるキャッシュレスサービスの
ほぼ全てを導入していても、
これらサービスで支払いができる場所は、
限られるている。

こんなもので、国民全体に、
増税による恩典を与えるのはやめるべきだ。


明言している今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==2019.5.4==



2 Responses to 19年5月4日 その4271『逢坂誠二の徒然日記』(5968)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください