19年5月8日 その4275『逢坂誠二の徒然日記』(5972)

掲載日:2019.05.08

都内は、明るい朝を迎えたが、
気温は7度、外に出るとヒンヤリしている。

1)連休明け
連休明けの昨日、
フル回転の1日となった。

国会入り後、早速、テレビ取材を受け、
今後の国会のことについて話をした。

今後の国会の当面の焦点は、
児童虐待防止法案の攻防だ。

9日から政府案と
立憲民主党が中心になって立案した
野党案の議論が始まる。

昨年、児童虐待防止法案を野党が提出した際に、
与党は一顧だにしなかったが、
あの時、議論していれば、
悲惨な事案が避けられたかもしれない
と思うと何とも悔やまれる。

予算委員会の開催も重要なポイントだが、
与党は開催に応じないとして審議拒否を続けている。
経済、外交、統計問題など、課題山積だが、
政府も与党も説明責任を回避し続けている。

連休明けの昨日段階でも、
消費増税が行われるのかどうかに
関心が集まっている。

連休前、与党の幹部が、
消費増税の先送りに言及したが、
昨日も引き上げできないのではないか
との観測が飛び交った。
我々は、今の時期の消費増税は、
国民の懐具合を見ても、
現下の経済情勢を見ても、
無理な状況だと繰り返し指摘した。

政府もそのことの認識しているためだろうか、
増税分以上に国民に還元すると称して、
増税に踏み切ることを明言している。
しかし増税分以上に還元するぐらいなら、
増税をする意味はない。
そんなことなら増税を中止すべきだ。
特にキャッシュレスに限って
消費増税分をポイント還元するのは、
相当に不公平なやり方だ。

ポイント還元の問題点を
政府も知っているだろう。
増税すると言いつつも、
最近はどうも勢いがない。

増税断行も地獄、増税延期も地獄、
今の政府は、こんな状態に陥っている。

また参院選と合わせて、
あるいは直後に衆院選挙が、
相当の確率で実施されるだろう。

こんなことを取材では
話をさせて頂いた。

今日も国会でフル回転だ。
今日は、私の好きな三日月。

夕方、西の空に眺めることができるだろうか。
今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==2019.5.8==



One Response to 19年5月8日 その4275『逢坂誠二の徒然日記』(5972)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください