19年5月25日 その4292『逢坂誠二 の徒然日記』(5989)

掲載日:2019.05.25

都内は青空の広がる朝だ。

今日昼過ぎまで、
議員会館で参院選向けの政策を議論し、
それからの帰函となる。

1)統計
毎月勤労統計にまたミスが発生し、
2018年度分(確報)と今年3月分(速報)の
発表を見送る事態となった。

詳細は分からないが、
昨年7月分以降のデータを精査して、
後日発表することとなった。

日本の統計の信頼が
揺らぎかねない事態が頻発している。

2 )月例経済報告
昨日、5月の月例経済報告が発表された。

景気判断を
「輸出や生産の弱さが続いているものの、緩やかに回復している」
として前月から下方修正となった。

下方修正のはずだが、
「緩やかに回復している」との言葉が残っている。

どうもよく分からない、経済報告だ。

13日発表の景気動向指数は「悪化」だった。

20 日発表の1〜3月のGDP速報も
決して良い状況ではない。

にも関わらず「回復」だという。

秋の消費増税に向けて、
現実を直視したくない
政府の思いが発露したような内容だ。

こんな恣意性の強い経済報告では、
国家の運営を誤りかねない。

3)トランプ大統領
今日から28日まで、アメリカ大統領が来日する。

この4日間、トランプフィーバーが、
ニュースを席巻するのだろう。

ゴルフ、居酒屋、大相撲など、
両国首脳の仲が良いのは悪いことではない。

しかしものには限度もある。

外交が社交にならないよう注意が必要だ。

これら派手な来日行事が、
FTA交渉や防衛協議などの本質を
隠すことがあってはならない。

さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==2019.5.25==



One Response to 19年5月25日 その4292『逢坂誠二 の徒然日記』(5989)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください