19年5月30日 その4297『逢坂誠二 の徒然日記』(5994)

掲載日:2019.05.30

都内の朝の気温は15度。

雲も少なくスッキリとした朝だが、
日中は28度になる見込だ。

昨夜、著名な政治評論家と
今後の政治、特に政策について、
1時間程度、意見交換をした。

野党政策の鍵は、経済政策だという。

地方経済、
あるいは人口減少も課題だという。

直接は言及しなかったものの
アベノミクスが効果を発揮していない、
それが念頭にあっての発言だろう。

指摘は全く同感だ。

株価と金利操作によって、
大企業収益は形式上、上昇に転じた。

しかし庶民の消費力は減退傾向で、
本当の意味で景気が底堅い訳ではない。

だからいくら金融緩和をして、
世間にお金を出しても、
そのお金を利用した設備投資は進まない。

これが6年間のアベノミクスの現実だろう。

基本は、庶民の懐に直接作用する政策を実行することだ。

安倍政権は物価上昇を経済政策の目標にしたが、
我々は庶民所得の向上を目標しなければならない。

安倍政権と我々の経済政策の違いは明白だ。

庶民の懐が、そして地域が潤う経済を

実現させたいと思う。


さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==2019.5.30==



2 Responses to 19年5月30日 その4297『逢坂誠二 の徒然日記』(5994)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください