19年6月16日 その4314『逢坂誠二 の徒然日記』(6011)

掲載日:2019.06.16

今日朝は、NHK日曜討論に
政調会長として出演する。

その後、帰函だ。

日曜討論はあまり明確なシナリオがない。

何をどう話すことになるのか。

====
それにしても消費増税、経済情勢、
日露・日朝、イラン訪問などの外交、
日米貿易交渉、統計問題、
イージスアショア問題、2000万円貯金問題、
また吹き出してきた国家戦略特区問題など
課題山積だが、総理は、
これらを真正面から議論しようとしてない。

選挙前にこうした不都合な事実を
表に出したくないとの判断なのだろうが、
こうした案件の議論を先送りすることは、
国民の政治不信を高めると同時に、
日本の将来に禍根を残すことになる。

====
2000万円貯金問題は酷い。

政府の考え方と違うから、
報告書を受け取らないし、
政策にも反映しないという。

麻生大臣自らが諮問したにも関わらず、
こんなことをすれば第三者や専門家による会議は、
政府の意向を忖度する無意味なものになってしまう。

仮に年金の制度は100年安心だとしても
所得代替率が下がるケースが多い。

ならば国民の老後の生活をどうすべきなのかを、
合わせ技で提案する必要がある。

老後に備えて、資産運用しろ、
投資しろでは、あまりにも乱暴だ。

====
年金の制度設計を考える上で、大事なのは、
年金の健康診断ともいえる
年金検証結果を明らかにすることだ。

2009年は2月、2014年は6月に発表しているが、
今年は提出の目処すら立っていないという。

これも選挙後に先送りだとすれば、
あまりにも無責任な対応だ。

もとより年金や社会保障の問題は
簡単なものではない。

そのため以前、与野党で議論して合意をした時期もあったが、
現在、政府与党の中にそうした雰囲気がないのは残念だ。

国民の今と将来を考えて、
与野党の枠を超えて広範な議論をすべきだと思う。

====
しかし以前の合意の中に、
家計の医療、介護、保育などの支出を
一定額に抑制する総合合算制度があったが、
この実施を自公政権は見送った。

今回の2000万円貯金問題を乗り越えるためには、
見送った総合合算制度を復活させる必要もあるだろう。

====
野党共闘の形が整った。
市民連合の皆さんの努力もあって、
政策の大きな方向感も共有できたと思う。

この野党共闘が大きな柱になって
選挙を戦うことになるが、
確実は勝利を収めるためには、
野党共闘がもう一段階
バージョンアップする必要があるだろう。

====
平成の30 年間、日本の歩みは、世界と違っていた。

日本経済の世界のなかでの占有率は低下し、
一人当たりGDPも30番目程度と決して高くはない。

また生産性も低い。

こうした日本の現状を確実認識し、
そのことを有権者の皆さんに訴えられるかどうか。

そしてこの日本の厳しい現実を
乗り越えるための政策について、
ご理解が得られるかどうかが鍵になる。

令和の選挙は、平成の延長線上にはないことを、
強く訴える選挙になると考えている。

さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==2019.6.16==



One Response to 19年6月16日 その4314『逢坂誠二 の徒然日記』(6011)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください